今日お金借りる

今日お金借りる即日融資ガイド|今すぐお金借りたい時の安心カードローン

このサイトでは、急遽どうしてもお金が必要という方にむけて、以下のことについてお伝えしています。
  • 今すぐお金を借りる最適な方法
  • 【最短1時間】すぐに借りられるおすすめのカードローン
  • お金を借りるときの基礎知識

結論としては、今すぐ安全にお金を借りるならプロミスアコムなどの大手消費者金融で借りるのがおすすめです。

 

なぜなら、プロミスアコムは以下のような特徴を持っているからです。

  1. 最短1時間で借りられる
  2. 大手銀行がバックにいて信頼できる
  3. 保証人も担保も不要
  4. 借りたお金の使い道が自由
  5. 初回利用なら30日間の無利息期間がある

急ぎの時は1分1秒が重要です。時間を無駄にせず最短距離でお金を用意する為にも、まずは簡易審査を受けて借入可能かどうか判定してもらうのがおすすめです。

 

>>今すぐプロミスの簡易審査を受けてみる<<

 

 

【※即日融資可】すぐに借りれる安心カードローンを確認>>

 

今日お金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループです。大手銀行がバックにいるため信頼度抜群で、安心してお金が借りられます。初めてのご利用なら30日間無利息で借入可能です。

≫詳細はこちら

プロミス

SMBCグループのプロミスの『WEB完結』なら、お金を借りるまでの手続きの全てをネットで完了できます。審査スピードの速さに力を入れており、急ぎでお金が必要な方によく利用されています。初めてのご利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

【今日借りれる】ユーザーおすすめランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結ではお金を借りるまでの一連の手続き全てをネット上で完了出来ます。ネットで完結といっても手続きの途中で不明なことがあればオペレーターの方に電話で気軽に聞くことができるので安心して利用できます。女性オペレーターが対応するプロミスレディースも性別問わず人気です。

↓※女性・男性どちらでも利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\30日間無利息!即日融資で借りるならプロミス♪/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。大手銀行がバックにいるため信頼感が抜群です。『はじめてのアコム』という言葉が示すとおり、はじめての借入をする方にオススメの安心カードローンです。
\最短60分で借入OK!30日間利息ゼロ円♪/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 申込みの後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(※日曜日は18時)までに契約手続きを全て完了(※審査・必要書類の確認を含みます)すると、その日のうちに銀行振込みで融資が受けられます。 ※一部金融機関・メンテナンス時間等は除きます。
\Webからの申し込みなら最短60分でご融資可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込み曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。

\30代以上の方に特に支持されています/

 

今すぐお金を借りるなら大手消費者金融が最適である理由

今すぐお金を借りるなら、プロミスアコムなどの大手消費者金融で借りるのが最適です。

 

なぜなら、以下のような5つの特徴を備えているからです。

 

大手消費者金融の5つの特徴

  1. 最短1時間で借りられる
  2. 大手銀行がバックにいて信頼できる
  3. 保証人も担保も不要
  4. 借りたお金の使い道が自由
  5. 初回利用なら無利息期間がある

1.最短1時間で借りられる

有名な大手消費者金融は、借入までのスピードを売りにしているところが多いです。

 

当サイトでおすすめしているプロミスアコムも申込み完了から最短1時間でお金が借りられます。

 

お金を借りる方法には色々とありますが、これほどまでのスピード感で借りられる方法はあまり見当たりません。(例えば、銀行カードローンは審査に時間がかかるので最短でも数日程度は借入までに待たされます。)

 

2.大手銀行がバックにいて信頼できる

お金を借りる時に、いくら急ぎだからと言ってもよく分からない変なところから借りるのは危険です。お金の貸し借りは後々大きなトラブルに発展しかねません。

 

そこでおすすめなのが、

 

・多くの人が利用している
・知名度の高い有名なサービス
・大手が運営している

 

といった視点から借入先を選ぶことです。

 

その点、大手消費者金融は以下のとおり有名な大手銀行のグループ企業ですので安心して借りられます。

※大手消費者金融のバックには大手銀行がいる

 

SMBCグループ

 

三菱UFJフィナンシャル・グループ

 

新生銀行グループ

 

3.保証人も担保も不要

お金を借りる方法の中には、保証人や担保が必要なものがあります。

 

保証人は本人が返済できなくなったときに、本人に変わって返済するという責任重大な役割です。したがって、そうそう簡単に保証人のなり手というのは見つかるものではありません。

 

今すぐにお金を借りたいというときに、保証人をさがしていては非常に時間がかかってしまいます。

 

その点、プロミスアコムなどの大手消費者金融カードローンなら、保証人も担保も不要ですから最短距離でさくっと申し込むことができます。

 

4.借りたお金の使い道が自由

お金を借りる方法のなかには、借りたお金を何に使うかという目的が決まっているものがあります。たとえば、ブライダルローン・自動車ローンなど銀行の目的別ローンです。

 

急ぎでお金を借りたいときに、お金の使い道など条件が決まっている方法だとうまく条件が合わずすぐに借りられない可能性があります。

 

その点、プロミスアコムなどの大手消費者金融のカードローンなら借りたお金の使い道は原則として決まっていませんので、今すぐ借りたい時にさくっと借りるのにピッタリです。

 

5.初回利用なら無利息期間がある

大手消費者金融の中には、初回利用者を対象として一定期間無利息でお金が借りられるサービスを実施しているところがあります。

 

たとえば、当サイトでオススメしているプロミスアコムでは、以下のような内容で無利息サービスを実施しています。

 

【比較】アコムとプロミスの無利息サービス
プロミス
⇒ 初回利用者は初回借入日の翌日から30日間無利息

 

アコム
⇒ 初回利用者は契約日の翌日から30日間無利息

プロミスとアコムはどちらも「30日間無利息」ですが、実は無利息期間の開始日が異なっています。

 

そのため、契約日から初回の借入をするまでに期間が空くような場合にはプロミスのほうが、無利息期間を1日も無駄にせずに済むので有利です。

 

と言うことは、まだプロミスで借りたことがない方は、プロミスで借りるほうがオススメです。

 

今すぐプロミスの詳細を確認してみる>>

 

今日お金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループです。大手銀行がバックにいるため信頼度抜群で、安心してお金が借りられます。初めてのご利用なら30日間無利息で借入可能です。

≫詳細はこちら

プロミス

SMBCグループのプロミスの『WEB完結』なら、お金を借りるまでの手続きの全てをネットで完了できます。審査スピードの速さに力を入れており、急ぎでお金が必要な方によく利用されています。初めてのご利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

カードローンの基礎知識

ここではカードローンを利用してお金を借りたい人にぜひとも知っておいて欲しい基礎知識として以下のことについてまとめて紹介しています。

カードローンの基礎知識

  1. カードローンでお金を借りるための条件
  2. 申込みに必要なもの(必要書類)
  3. 審査の内容と流れ
  4. 在籍確認について
  5. 総量規制(※収入と借入可能額の関係)
  6. かかる利息を自分で算出する方法
  7. 返済方法
  8. 【返済シュミレーション】返済額と利息

 

1.カードローンでお金を借りるための条件

カードローンでお金を借りるためには以下の条件を満たすことが必要です。

・20歳以上である
・安定した収入がある

大手消費者金融の場合、これらの条件を満たしていれば、パート勤めの主婦はもちろん、アルバイト収入のある大学生でもお金を借りることができます。(※銀行カードローンは審査がより厳しいため年収500万円程度以上は必要と言われています。)

 

2.申込みに必要なもの(必要書類)

カードローンに申し込む際には、以下の2種類の書類を提出する必要があります。
(※ネット申込みの場合、これらの書類の撮影画像をアップロードします。)

・本人確認書類(運転免許証など)
・収入証明書(給与明細書など)

※収入証明書は以下に該当する場合のみ

 

・希望借入額が50万円を超える
・希望借入額と他社借入額の合計が100万円を超える

 

逆に言えば、このいずれにも該当しない場合は、基本的に運転免許証などの本人確認書類だけで大丈夫です。

 

3.審査の内容と流れ

カードローンに申し込むと審査が行われます。審査に通過しないことにはお金は借りられません。審査においては、主に以下のような項目について見られます。

 

・年齢
・年収
・勤務先
・勤続年数
・雇用形態
・家族構成
・居住形態
・過去の延滞や滞納の有無
・他社での借入状況

 

これらの事項は、申込時の記載内容に加えて、個人信用情報機関に蓄積された情報も参考にします。

 

(※個人信用情報機関は、個人のカードやローンの利用履歴データを共有している機関です。ローン会社では審査の際、個人信用情報機関に照会をかけて審査の参考にします。)

 

ご自身の返済能力を高く見せようと虚偽の内容を申告してもバレる可能性が高いですし、もしもバレてしまったら非常に印象が悪くなってしまい、かえって審査通過が厳しくなるので正直にありのままを記載して申し込むようにしましょう。

 

審査通過が可能か不安な方は、以下の簡易審査を受けてみて下さい。(簡単な質問に答えるだけで数秒ほどで借入可能か分かるので時間を無駄にせずに済みます。)

 

 

4.在籍確認について

カードローンの審査過程では、『在籍確認』と呼ばれる手続きが行われます。在籍確認は、申込時に記載した勤務先に確かに勤務していることを確認するためのもので、通常は勤務先に電話をかけることによって行われます。

 

(※なかにはSMBCモビットのWEB完結のように書類上で在籍確認を行うこともあります。)

 

在籍確認の電話は以下のような流れでかかってきます。

 

※在籍確認電話の流れ(大手消費者金融の場合)

 

ヤマダ(カードローン業者の担当者個人名)と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?

はい、○○は私です。

この度はありがとうございます。確認が取れましたので引きつづき手続きを進めてまいります。

はい、どうぞよろしくお願いします。

以上のように、大手消費者金融ではプライバシーに配慮して、担当者の個人名を名乗ります。通常なら、知人や取引先からの電話と区別が付かないでしょうから、借入を同僚や会社にバレたくない方も安心です。

 

(※この点、銀行カードローンは銀行名や融資担当者であることを名乗るので、同僚が電話に出た場合高確率でバレます。)

 

勤務先への在籍確認の電話を避ける方法

お伝えしたとおり、プロミスアコムなどの大手消費者金融カードローンの在籍確認は、借入を周囲にバレたくないという利用者の心情に配慮してくれているので、バレる心配はあまりありません。

 

それでも、より確実を期したい場合などの事情によって、勤務先への在籍確認電話を回避したいと考える人もいるでしょう。

 

そのような方にオススメなのが、SMBCモビットのWEB完結です。

 

・在籍確認は書類確認で実施(※勤務先への在籍確認電話なし)
・自宅に郵便物を送らない

 

という特徴を持っていて、会社にも家族にも誰にもバレたくない方にオススメです。

 

5.総量規制(※収入と借入可能額の関係)

一般的に、収入が高い人ほど返済能力が高いと見られやすいため、借入可能額はより高額になります。

 

また、大手消費者金融などの貸金業者は「総量規制」のルールが適用されるため、借り入れることができるのは各貸金業者合計で年収の3分の1が上限となります。

 

たとえば、年収180万円の方は60万円が借りられる上限額ということになります。

 

ただし、初めて利用される方の場合、いきなり総量規制の上限まで借りられることは通常ありません。なぜなら、まだ利用実績のない人への融資は業者側も慎重になるからです。

 

6.かかる利息を自分で算出する方法

これからお金を借りようとする方にとって、利息がどれくらいになるのかは気がかりだと思います。そこで、自分で利息を計算することができる計算式を紹介します。

 

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

 

7.返済方法

カードローン会社ではそれぞれに様々な返済方法を用意しています。ここでは、返済方法が非常に多彩で便利な方法を用意しているプロミスの返済方法をご紹介します。

 

プロミスの返済方法

 

  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビ二(マルチメディア端末)
  • コンビ二や提携金融機関のATM
  • 銀行振込

 

なかでも、インターネット返済とコンビ二のマルチメディ端末での返済はとても便利なので、スポットを当てて紹介してみます。

 

インターネット返済

・24時間365日対応
・手数料無料

 

で利用できる返済方法です。スマホやパソコンからネット上で操作を行うことによりいつでも返済できます。

 

コンビ二のマルチメディア端末

・24時間365日対応
・手数料無料

 

で利用できる返済方法です。お近くのコンビ二に設置された端末から返済できるので、気軽に返済できます。

 

対応端末は以下の通りです。

 

・Loppi(ローソン、ミニストップに設置)
・Famiポート(ファミリーマートに設置)

 

8.【返済シュミレーション】返済額と利息

実際に支払う利息や返済額についてイメージしていただきやすいように、ここでは大手消費者金融の中で最大金利が最も安いプロミスで金額と返済期間を想定して行ってみたシュミレーションを紹介します。

 

プロミスで5万円借りて半年(6回)で返済

単位:円

回数 返済額 元金 利息 残高
1 8,771 8,030 741 41,970
2 8,771 8,149 622 33,821
3 8,771 8,270 501 25,551
4 8,771 8,392 379 17,159
5 8,771 8,517 254 8,642
6 8,770 8,642 128 0
累計 52,625 50,000 2,625 0

 

プロミスで10万円借りて1年(12回)で返済

単位:円

回数 返済額 元金 利息 残高
1 9,158 7,675 1,483 92,325
2 9,158 7,789 1,369 84,536
3 9,158 7,905 1,253 76,631
4 9,158 8,022 1,136 68,609
5 9,158 8,141 1,017 60,468
6 9,158 8,262 896 52,206
7 9,158 8,384 774 43,822
8 9,158 8,508 650 35,314
9 9,158 8,635 523 26,679
10 9,158 8,763 395 17,916
11 9,158 8,893 265 9,023
12 9,156 9,023 133 0
累計 109,894 100,000 9,894 0

 

今日お金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループです。大手銀行がバックにいるため信頼度抜群で、安心してお金が借りられます。初めてのご利用なら30日間無利息で借入可能です。

≫詳細はこちら

プロミス

SMBCグループのプロミスの『WEB完結』なら、お金を借りるまでの手続きの全てをネットで完了できます。審査スピードの速さに力を入れており、急ぎでお金が必要な方によく利用されています。初めてのご利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。